2016/07/06 14:34:06 |

ズバリ、薬剤師さん(男性)とつきあったことがあります。別に仕事のかっこよさにホレたわけではありませんが、いま考えると意外と知的でいい仕事だな、と思います。
当然のことながら薬や医療のことに詳しくて、勉強になることが多かったです。
残念ながらお別れすることになりましたが、薬の効果的な飲み方や、暮らしの中で役立つ薬品や洗剤などケミカル類の使い方などをを教えてもらったりして、知的好奇心が刺激されました。
普段から、業務として薬のことを一般消費者(患者ということになりますね)にわかりやすく説明するのが仕事のひとつなので、説明が上手な人が多いんだろうなと思いました。
見ていると、仕事はやりがいがあるようですが、対人コミュニケーション力が求められるようで、そうしたことからストレスを抱える人が少なくないと聞きました。
患者さん(お客さん)・職場の人(上司、部下、同僚など)・出入りの業者や医師など、日常的に相手をする人間の数は多いそうです。
ちなみに、つきあっていた方は薬局開業(事業主)などではなく勤務薬剤師だったので、稼ぎぶりは通常の会社員程度でした。
ただ、使用期限切れの消耗品などをもらってきたりするので、そういう地味なメリットがありそうでした。
薬はさすがに、そんなことはしませんが。
薬局やドラッグストアでは女性の薬剤師さんがたくさん働いているので、女性との出会いは多いようで、職場結婚も少なくないとのことでした。
白衣で三割増しかっこよく見える効果もあるのかもしれません。

2016/06/14 16:30:14 |

薬剤師の仕事は医師や患者との信頼関係を強化することや周囲とのコミュニケーションを積極的に取ることが求められ、仕事を通してやりがいを感じて働けるように心がける必要があります。アルバイトやパートの仕事は働ける時間帯を選べるため副業として仕事をしたい場合に探し、責任者の指示にしたがって行動することが大事です。
薬剤師の仕事は薬学に関する知識があれば様々な職場で貢献でき、やりがいを感じて働けるように心がけると効果があります。アルバイトやパートは正社員と比べると働ける時間帯を選べるために便利ですが、保険などの福利厚生が適用されないため今後の生活のスタイルを考えて決める方法が望ましいです。
薬剤師は仕事の経験があれば様々な職場で貢献でき、離職をしてから長いブランクが有る時でもアルバイトやパートとして働くと仕事に貢献できます。初めて薬剤師として働く場合は職務経験をするためにアルバイトやパートの求人を探し、今後の就職などに役立てるなど臨機応変に目的を決めると効果的です。
薬剤師パートやアルバイトをするために考えるべきことは積極的にコミュニケーションをすることを心がけ、医師や患者との信頼関係を強化できるように仕事を通して新たな発見やスキルアップをすることが重要です。自分に適した職場を探す時は最新の求人情報の内容を確かめ、今後の人生に役立てるように人と接するコツをつかむことややりがいを感じて働けるように意識して決めると効果を出せます。

2016/06/04 14:40:04 |

薬剤師は職場や仕事内容に応じて給料が異なり、求人情報の内容を確かめて選ぶ方法が望ましいです。最近では高齢化社会の影響で医療関係の需要が高まっているため、薬剤師として働ける職場が増えています。多くのお金を稼ぐために必要なことは経験やスキルだけではなくリーダーシップがあり責任者として指示する必要があり、事前に求人情報の内容を確かめると選ぶきっかけになるため便利です。仕事をする時は給料がいいことを優先して決めると予想以上にハードな場合もあるため、責任を持ってやり遂げられることを把握してから決めることが求められます。
薬剤師は薬局や病院などで働くことが一般的ですが、医師が訪問治療をする際に帯同する方法もあるため流れを把握すると選択肢を増やせます。自分に適した職場を探す時は適性を確かめて選ぶことを心がけ、イメージだけで判断をすれば合わずに後悔をする羽目になりやすいために注意が必要です。初めて仕事をする時は様々なことで戸惑いやすいため、体験談を把握することや面接での質疑応答の際に確かめると安心できます。
薬剤師で多くのお金を稼ぐポイントはできるだけ長く続けやすい環境を選び、人との接し方のコツをつかみながら成長をするきっかけにすることです。仕事を探す目的は人それぞれですが、今後の人生に活かせるように決めると効果を出せます。薬剤師は今後の高齢化に伴い需要が高くなるため、求人情報の内容を確かめて対策をすると最適な職場を探しやすいです。

2016/06/02 19:52:02 |

ますます加速する社会の高齢化により、今後さらなる需要の向上が見込まれる薬剤師の仕事。薬剤師になるためには国家資格が必要であるため、高い年収が期待でき、就職先にも様々なタイプが存在します。

 

まずは調剤薬局に勤務する場合ですが、年収は350万円から700万円前後と大きな幅が存在するようです。都心など人手が足りている地域ほど低賃金であり、反対に地方では需要が高く年収も高くなる傾向にあります。また、管理薬剤師としてキャリアアップを積むことができれば600万円以上の年収を見込めます。

 

ドラッグストアでの勤務は調剤薬局と仕事内容の差は大きくありませんが、大手企業が多く年収が安定し、最低でも400万円以上の収入を得られます。勤務時間は調剤薬局での勤務と比較して長くなりますが、福利厚生面での見返りが大きく、メリットとなります。

 

病院薬剤師として病院内で勤務する場合は、基本年収では調剤薬局やドラッグストアでの勤務と大差がありませんが、夜間勤務による手当てを受けることで差をつけることが可能なため、夜間勤務に抵抗のない方にとっては魅力的な環境と言えるでしょう。

 

また、製薬企業に勤めるという手段もあります。この場合には上記のような薬の調合や研究といった仕事と異なり、営業職に就くケースが一般的です。一般的な薬剤師としての仕事のイメージとは違いますが、実力や成績に応じた昇給が期待でき、30代中盤をめどに1000万円を超える年収を得ることも可能とされています。

2016/06/01 17:33:01 |

薬剤師というと調剤薬局で働いているイメージがあるでしょうか?でも薬剤師さんの職場はそれだけではありません。ここでは薬剤師さんが活躍する場所について解説します。
・薬剤師の職場
薬剤師が活躍する職場は大きく4つに分類できます。調剤薬局や病院、ドラッグストアに企業です。接客の機会が比較的少ないのが企業勤務ですね。他の職場では接客も多いでしょう。薬剤師の仕事はただ、薬を調剤する事だけではありません。患者さんなどにしっかり薬に関して説明ができないといけません。患者さん自身も自分がどのような治療を受けているのか知る権利があります。ですから薬剤師は薬を渡すだけではなくて患者さんに薬に関しても説明しないといけません。薬剤師の半数以上は調剤薬局に勤めています。調剤薬局での求人も増加傾向にあります。調剤薬局での薬剤師の仕事は病院から受け取った処方簿を見ながら薬剤師が調合して、患者さんに薬を渡してその薬について説明する事です。またドラッグストアなどで勤務する場合は少しばかり薬剤師としてやりがいを感じられずに仕事をする事になるかもしれまん。ドラッグストア勤務の場合はどちらかというと販売員の仕事の方が多くなりますし、商品を陳列したりもします。あまり薬剤師とは直接は関係ないような仕事もしないといけません。企業勤務のケースでは研究職として仕事することなります。病院勤務の場合には入院患者への薬の説明と調剤が主な仕事になります。薬剤師といっても働く場所はいろいろですし、仕事内容もだいぶ違います。将来は薬剤師になりたい人はどこに自分が勤めたいのかよく考えてみましょう。